FC2ブログ

もう一度読みたい心に残る本 「アルジャーノンに花束を」

【アルジャーノンに花束を】 ダニエル・キース著

32歳になっても幼児の知能しかないパン屋の店員チャーリィ・ゴードン。

そんな彼に、夢のような話が舞い込んだ。大学の偉い先生が頭を良くし
てくれるというのだ。

その申し出にとびついた彼は、白ねずみのアルジャーノンを競争相手に、

連日検査を受けることに。やがて手術により、チャーリィは天才に変貌したが・・・・・・

超知能を手に入れた青年の愛と憎しみ、喜びと孤独を通して人間の心の真実に迫り、

全世界が涙した現代の聖書(バイブル)





福島智 東大教授(9歳で失明、18歳で聴力も失った 盲ろう者である)はこう言っている。

これはSFという文学手法のすごさを象徴するような作品です。おそらく世界の全SFの中でもベストスリーに入ると

私は思います。

知的障害を持つ青年チャーリーが脳の手術を受け、〈天才〉になる。というストーリーは、魔力的とも言えるような

エネルギーで読者を引き付けていきます。

自分を人為的に〈天才〉に仕立て上げた科学者たちに向かって、彼はあるとき次のように言います。

「知能だけでは何の意味もないことをぼくは学んだ。あんたがたの大学では、知能や教育や知識が、

偉大な偶像になっている。でもぼくは知ったんです、あんたがたが見逃しているものを。

人間的な愛情の裏打ちのない知能や教育なんてなんの値打もないってことをです」


宇多田ヒカルさんがデビュー間もない頃、「この本が素晴らしい」と何かに書いていたのを見て

この本を読んでみましたが、詳しいことは覚えていませんが、とても爽やかに心に残った本です。





スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

新潟県内営業地域(近隣含)

長岡地区(長岡、中之島、越路、三島、与板、寺泊、出雲崎、栃尾、山古志)、見附市
柏崎地区(柏崎、高柳、西山)
十日町地区(十日町、中里、川西、松代、松之山)、津南町、長野県栄村
魚沼地区(堀之内、小出、広神、入広瀬、守門、湯之谷)
南魚沼地区(塩沢、六日町、大和)、湯沢町

⇓ ⇓ ⇓新潟県中越地区の補聴器はリオネットセンターへ⇓ ⇓ ⇓ バナー
ホームページはこちら
補聴器はリオネットセンター   長岡駅前店・十日町駅前店へ バナー
プロフィール

㈱イーチアザー

Author:㈱イーチアザー
イーチアザーブログへようこそ!
イーチアザーブログでは、補聴器のことや新潟県の紹介など、耳よりな情報をお届けいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
サイトマップ
アイコン