FC2ブログ

知っていますか?「障害者差別解消法」

〈以下、長岡市資料より抜粋〉
平成28年4月1日から障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律
(障害者差別解消法)が施工されました。
全ての国民が障害の有無によって分け隔てられることなく、相互に尊重しながら
共生する社会の実現につなげることを目的としています。
5月に開催された長岡市福祉保健部との意見交換会に出席させていただきました。
広く耳を傾け、対応には積極的な取り組みをされていますので少しづつ確実に
対応施設・事案が増えることを期待いたします。
困ったときは長岡市福祉課で相談受け付けています(平日8時30分~17時15分)
電話(0258)-39-2218 FAX(0258)-39-2256

身体障害 ○視角障害 ○聴覚障害 ○盲ろう重複障害 ○肢体不自由 ○言語障害(失語症・構音障害)

知的障害 ○知的障害

精神障害 ○精神障害 ○発達障害 ○高次脳機能障害

難病    ○難病

20170905135622.jpg
20170905135646.jpg



スポンサーサイト

日本 過去最高となるメダル27個(金6、銀9、銅12)獲得 

トルコのサムスンで開催された聴覚障害者の国際スポーツ大会
「第23回デフリンピック夏季大会」が
7月30日、すべての日程を終えて閉幕しました。
日本は25個のメダル獲得を目標に掲げていましたが27個のメダルを獲得し、
前回大会を6個上回りました。
thAV3GR5UH.jpg
特に競泳で15個と量産したのが大きく、中でも藤原慧(さとし)選手が金3、銀4、銅2の
9個のメダルを獲得する活躍が光りました。

先回まではほとんど情報が発信されずデフリンピックの事を知らない人が多かったのですが、
今回は各報道メディアが情報を発信していましたので少し認知度が高まったように感じます。
引き続きデフリンピックの認知度がアップすることを応援したいと思います。

聴覚障害者の国際スポーツ大会 デフリンピック夏季大会

聴覚障害者の国際スポーツ大会「第23回デフリンピック夏季大会」がいよいよ
7月18日~30日まで、トルコのサムスンで開催されます。

日本からは男子74名、女子34名の合計108名の選手が参加します。
thAV3GR5UH.jpg

参加資格は補聴器などを外した状態で、聴力損失が55デジベルを越えている事。

「*聴力レベル:聞こえの程度を表す単位。若い人の健康な聴力を0dB(デジベル)としています。
 軽度難聴、中等度難聴、高度難聴、重度難聴と分類されますが、 55dBを越えている方は
 中等度難聴です。」

試合中は補聴器などの使用が禁止される。
th8LW3WWOJ.jpg

競技のスタート合図はランプで知らせるなど視覚的にわかるようにしているがサッカーのような
チーム競技は”アイコンタクト”か”手話”でしかコミュニケーションがとれません。
yjimage[5]

コミュニケーションは手話で行うが、手話も国によって違いがあるため、ルール説明などは”国際手話”が使われます。

一般的に知名度が低いスポーツ大会ですけど、日本選手たちに大きなエールを送りたいと思います。

「2017冬季スペシャルオリンピックス」

「このような凛とした素晴らしい方をお見かけしたのは桜井よしこさん以来二人目です!」
舞台袖から私と一緒に細川佳代子氏の講演を拝聴した某ホテルの取締役の方の一言でした。

「どうしてそう思われたのですか?」
「講演中の姿勢です。背筋を伸ばし足踏みせず、1時間同じ姿勢で凛としておられる、素晴らしいです!」

講演の内容は、
「スペシャルオリンピックスから学んだ、これからの社会のあるべき姿
インクルージョン(一人ひとりの違いを受容し包み込む)社会を目指したい。


米国大統領だったJ・Fケネディの長女のローズマリーは知的障害者でした。ケネディの妹の
ユニス・ケネディ・シュライバーが「知的発達障害者に希望を」と活動し、1968年スペシャルオリンピックスを創設。

細川佳代子氏(元総理大臣 細川護煕夫人)は
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本の名誉会長です。http://www.son.or.jp/about/

講演では、スペシャルオリンピックスの日本組織を設立するまでの御苦労や子
供たちがチャレンジしている練習の光景、大会中の子どもたちの行動から起こる
苦労や感動などを、とても丁寧にわかりやすく話してくださり、素直に「教えて頂きありがとうございます」
と感じました。

著書の「花も花なれ 人も人なれ」
FullSizeRender (002)Re
スペシャルオリンピックスという組織は知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングと
その成果の発表の場である競技会を提供している国際的なスポーツ組織です。

知的障害者のスポーツの祭典は、4年ごとに夏季と冬季に開催されていますが、
2017年スペシャルオリンピックス冬季世界大会が3月18日~24日にオーストリアで開催されます
大会には110の国から1万5千人が参加。日本からは54人の選手が出場します。

出場する日本選手団は南魚沼市で2月11日~13日に競技合宿を実施しました。
新潟県からは、二ノ宮悠選手(上越市)と小関都選手(上越市)の2名がいずれもスノーボードに出場します。
精一杯のパフォーマンスを発揮してくださいね、長岡から応援してます。

言葉で知っていても、実際、現場で起きている事を知る機会がなかなかありませんが、
まずは「知る」ことが大切だと思います。これからも!

携帯電話やパソコンの廃棄を障がい者の収入にする方法

いつの頃からか覚えていませんが、私の歴代携帯電話が家に保管されていました。
DSC01074 2pc06.jpg

不要・廃棄のパソコンなどを解体して、レアメタルや材料を再利用させ、さらにその収入は
障がい者に支給されるという活動団体がありましたので早速処分をお願いしました
会社のPC,ハードデスク、ディスプレー、コード類、などなどOKですので大変助かります。
NPO法人 希望の会福祉会 就労継続支援B型 
のぞみの家
 電話 0258-32-5183 



新潟県内営業地域(近隣含)

長岡地区(長岡、中之島、越路、三島、与板、寺泊、出雲崎、栃尾、山古志)、見附市
柏崎地区(柏崎、高柳、西山)
十日町地区(十日町、中里、川西、松代、松之山)、津南町、長野県栄村
魚沼地区(堀之内、小出、広神、入広瀬、守門、湯之谷)
南魚沼地区(塩沢、六日町、大和)、湯沢町

⇓ ⇓ ⇓新潟県中越地区の補聴器はリオネットセンターへ⇓ ⇓ ⇓ バナー
ホームページはこちら
補聴器はリオネットセンター   長岡駅前店・十日町駅前店へ バナー
プロフィール

㈱イーチアザー

Author:㈱イーチアザー
イーチアザーブログへようこそ!
イーチアザーブログでは、補聴器のことや新潟県の紹介など、耳よりな情報をお届けいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
サイトマップ
アイコン