ハート・オブ・ゴールド 有森裕子さんの活動

ハート・オブ・ゴールド」とはスポーツを通じて国境、人種、ハンデキャップを越えて希望と
勇気の共有を実現することを目指した認定特定非営利活動法人で、有森裕子さんが代表
を務められてています。

有森裕子さんは、ほかにも「スペシャルオリンピックス」の日本代表としての活動などなど数
多くの社会支援に貢献されており素晴らしい方ですね。応援したいと思います!

今年もまた、平成29年5月28日(日)に開催される第33回「みしま西山連峰登山マラソン」
に特別ゲストとして参加されます。

写真は昨年5月22日(日)同大会の慰労会にて割烹田村屋で撮らせていただいたものです。
とても気さくな方で、誰とでも分け隔てなくお話しされる方でした!
有森裕子さんとツーショット!

株式会社 イーチアザーの企業理念
「私たちは、身体に障がいのある人・病気の人・ご老人・妊婦・こどもなど、社会的に弱い立場にある人たちをいたわる社会が実現するような活動を行います。」



スポンサーサイト

きみはいい子

きみはいい子」という映画が6月27日(土)~全国ロードショーされます!
長岡では〈*NPO法人夢ハウスけやきの家〉主催
けやきの会第19回バリアフリー映画上映会で3月11日に上映されました。
きみはいい子公式サイトはこちら
きみはいい子
冒頭から子ども虐待のシーンが強烈に描かれ、尾野真千子が演じる母親が
余りにも迫真の演技で凄いんです!
上映が始まって15分位経った頃、 居たたまれなくなって見るのを止めようかと
思った程です!。 けれど
最後まで見ました、そして最後まで見て本当に良かったとつくづく思わせる内容です!
子ども虐待」「認知症」「発達障害児」「小学4年生のクラス(モンスターピアレンツなども)」
それらが織りなしていく人間模様は決して後味が悪くはなく、むしろ頑張れーと
エールを送りたい、そんな気持ちにさせてもらいました!

*NPO法人夢ハウスけやきの家では、障がいについての理解をひろめる活動を
継続しており、昨年からは長岡市立高等総合支援学校・総合支援学校講演会とも
連携して各種事業を開催しています。
ホームページはこちら

「2017冬季スペシャルオリンピックス」

「このような凛とした素晴らしい方をお見かけしたのは桜井よしこさん以来二人目です!」
舞台袖から私と一緒に細川佳代子氏の講演を拝聴した某ホテルの取締役の方の一言でした。

「どうしてそう思われたのですか?」
「講演中の姿勢です。背筋を伸ばし足踏みせず、1時間同じ姿勢で凛としておられる、素晴らしいです!」

講演の内容は、
「スペシャルオリンピックスから学んだ、これからの社会のあるべき姿
インクルージョン(一人ひとりの違いを受容し包み込む)社会を目指したい。


米国大統領だったJ・Fケネディの長女のローズマリーは知的障害者でした。ケネディの妹の
ユニス・ケネディ・シュライバーが「知的発達障害者に希望を」と活動し、1968年スペシャルオリンピックスを創設。

細川佳代子氏(元総理大臣 細川護煕夫人)は
公益財団法人スペシャルオリンピックス日本の名誉会長です。http://www.son.or.jp/about/

講演では、スペシャルオリンピックスの日本組織を設立するまでの御苦労や子
供たちがチャレンジしている練習の光景、大会中の子どもたちの行動から起こる
苦労や感動などを、とても丁寧にわかりやすく話してくださり、素直に「教えて頂きありがとうございます」
と感じました。

著書の「花も花なれ 人も人なれ」
FullSizeRender (002)Re
スペシャルオリンピックスという組織は知的障害のある人たちに様々なスポーツトレーニングと
その成果の発表の場である競技会を提供している国際的なスポーツ組織です。

知的障害者のスポーツの祭典は、4年ごとに夏季と冬季に開催されていますが、
2017年スペシャルオリンピックス冬季世界大会が3月18日~24日にオーストリアで開催されます
大会には110の国から1万5千人が参加。日本からは54人の選手が出場します。

出場する日本選手団は南魚沼市で2月11日~13日に競技合宿を実施しました。
新潟県からは、二ノ宮悠選手(上越市)と小関都選手(上越市)の2名がいずれもスノーボードに出場します。
精一杯のパフォーマンスを発揮してくださいね、長岡から応援してます。

言葉で知っていても、実際、現場で起きている事を知る機会がなかなかありませんが、
まずは「知る」ことが大切だと思います。これからも!

私は人が好きです

昨年(2016年)秋、地元の長岡新聞に聴こえにもっと関心を持って頂きたく特別寄稿させて頂きました。
3月3日は耳の日です。耳の日を迎えるにあたって、その内容を掲載させて頂きます。(長岡新聞社様には掲載許可を頂きました)
私は人が好きです。」
人との関わりは自分自身の財産になっていきますので、人との関わりを絶って生きていくのは難しいと思っています。
福島智著「ぼくの命は言葉とともにある」という、他者との関わりにおいて言葉がとても大切であるということを書いている本があります、

その中に<コミュニケーションこそが人間の魂を支える>という一節があり、私はこの一節にとても共感しました。
何故なら、彼は“全盲ろう者”なのですが「他者とのコミュニケーションが自分の存在を確かめる唯一の方法だ」とコミュニケーションがいかに大切かを説いているからです!
51LZfANKWgL__AC_US160_.jpg
私たちは、言葉とジェスチャーなどを駆使していろんな人たちとコミュニケーションをとっているわけですが、聞き取りにくくなったらどうしましょう?

言葉や音が聞き取りにくくなると 、
  話しかけても返事をしない、
  聴こえた振りをして曖昧な返事をする、
  何度も聞き返す、
  テレビの音が大きくなって家族に指摘される、
こんなことの繰り返しでそのうち家族の関係が希薄になってしまいます。

また交友関係においても、ギクシャクしてしまい、いずれ支障をきたすようになってしまうでしょう。

こんなことに思い当っても、世間では、聞き取りにくいと感じていることを認めたがらない人が多くいます

65歳以上の難聴者は推計1500万人で、なんと二人に一人が難聴であり、歳を重ねるごとにその比率はあがっていくという統計も出ています。

言葉を使ってのコミュニケーションの質を落とさないためにも、思い当ることがあれば何らかの対策をこうじることをお奨め致します。


以上、600字以内の内容でした。

世間では、まだまだ聞こえに対しての関心が薄いと感じております。
コミュニケーションの質を落とさない為に、「補聴器」がお役に立つことを、一人でも多くの人に伝えていくことが私たちの使命と思っております。
補聴器の事なら、私たちにお任せ下さい。

テーマ : 伝えたい事
ジャンル : ブログ

「ひとつの個性」 小山薫堂

wowowで「エール」という映画を見ました。これが何と、感動のフランス映画でした!

冒頭に小山薫堂氏の詩が流れましたが、最初は流し読みしてしまい、映画を見終えて
改めて読み返してしまう程の素晴らしい詩なのです。

映画は、父も母も弟も聴覚障害者という家族の中で育った健聴者である高校生ポーラが、
歌手になる夢を家族に理解してもらおうと奮闘する内容です。

ある日、ポーラは音楽教師からパリの音楽学校への進学を勧められる。
しかしポーラの歌声を聴くことのできない家族は、彼女の才能を信じることができない。
家族から猛反対を受けたポーラは、進学を諦めようとするが……。

しかしその歌声が、耳の聴こえない家族に届く出来事が起こるー。感動!そして落ちも素晴らしい!

読み返した小山薫堂氏の詩 「ひとつの個性」
 違うところが素晴らしい、
  違うからこそ見つけられる、
   誰にもないその価値を、
 違っていても一緒にいたい、
  違っているから一緒にいたい、
   他でもない、それが家族、
 違うところを探さない、
  同じところを探したい、
ぼくも、君も、ひとつの個性

新潟県内営業地域(近隣含)

長岡地区(長岡、中之島、越路、三島、与板、寺泊、出雲崎、栃尾、山古志)、見附市
柏崎地区(柏崎、高柳、西山)
十日町地区(十日町、中里、川西、松代、松之山)、津南町、長野県栄村
魚沼地区(堀之内、小出、広神、入広瀬、守門、湯之谷)
南魚沼地区(塩沢、六日町、大和)、湯沢町

⇓ ⇓ ⇓新潟県中越地区の補聴器はリオネットセンターへ⇓ ⇓ ⇓ バナー
ホームページはこちら
補聴器はリオネットセンター   長岡駅前店・十日町駅前店へ バナー
プロフィール

㈱イーチアザー

Author:㈱イーチアザー
イーチアザーブログへようこそ!
イーチアザーブログでは、補聴器のことや新潟県の紹介など、耳よりな情報をお届けいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
サイトマップ
アイコン